化粧下地のひみつ★

化粧下地の日焼け止め効果 | 化粧下地のひみつ★

化粧下地のひみつ★
Home » 化粧下地のコツ・ひみつ » 化粧下地の日焼け止め効果

化粧下地の日焼け止め効果

化粧下地のコツ・ひみつ | 12月20日更新

メイクをする目的は、見た目を美しく見せることがまず一番に挙げられると思いますが、メイクは肌に負担をかけているようで実は肌を守る効果が高いということが考えられています。
その一つに、日焼け止めの効果があります。

ノーメイクが肌に負担をかけないのはよく言われていますが、それは室内にいて紫外線やホコリ等の害を受けないときの場合ですね。
外に出れば、たとえ雨の日であっても紫外線の影響は皆無とは言えません。
そのような影響を避けるためにはメイクは必要不可欠だと言えると思います。

ですが、メイクが負担になるという肌質の人もいることでしょう。
日焼けはしたくないけど、メイク用品で肌あれを起こすものイヤ、という人には、敏感肌用の化粧下地があります。
「ディオール」や「ブルークレール」などは、SPFが20以上あっても肌に優しく、日焼け止めクリームは刺激が心配という人にも安心して使っていただけると評判の口コミがあります。

このように、日焼け止め効果のある化粧下地を使うことで、メイクの仕上がりも期待できて、肌も守れるという二重の効果が得られるんですね。
確かに、日焼け止めクリームのみですと、ファンデーションが上手く伸びなかったり、肌に負担がかかったり、メイクをオフするときに落ちにくかったりしますが、化粧下地に日焼け止め効果がプラスされているものですと、もともと顔に使うために作られているので肌にも優しいというわけです。

自分の肌質にあった化粧下地を使うことでさらにメイクの持ちを良くしたりできますので、いろいろと試してみてぴったりの商品をみつけてみてくださいね。

アーカイブ