化粧下地のひみつ★

クレンジングの役目 | 化粧下地のひみつ★

化粧下地のひみつ★
Home » クレンジング » クレンジングの役目

クレンジングの役目

クレンジング | 12月20日更新

化粧をすると、かならずメイク落としをしなくてはなりません。
メイク落としを怠ると肌に負担をかけてしまいますね。
しっかりと化粧下地を作ってメイクしていれば、そのぶんしっかりと落とす必要があります。

クレンジングの種類はクリームタイプ、オイルタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプ、ローションタイプなどがあります。
また、クレンジング材を使わずに洗顔石鹸のみで落とすものもありますね。
これも、肌のタイプで使い分けることが大事です。
落ちにくいアイメイクや、口紅などはポイントメイク専用のクレンジング材もありますし、しっかりと落とすことが大切です。

クレンジング材の役目は、洗顔フォームなどではなかなか落ないメイク材を、毛穴の奥までしっかりと落とすことです。
毛穴にメイクの落とし残しがあると、ニキビや肌のくすみなどにつながります。
また、毛穴の引き締まり方が悪くなり毛穴が開いてしまいます。
そうすると、毛穴が目立つことで肌色のトーンが落ちてしまい透明感や艶が失われてしまうと思います。

クレンジングの方法にも気をつけましょう。
肌タイプに合ったクレンジング材を選び、正しい使い方をしましょう。
早く落としたいからゴシゴシこするなんて絶対にだめですよ〜。
肌にダメージを残してしまい、保湿材やミルクなどが染みてしまい、炎症の原因になったりくすんでしまったり…。

また、クレンジング材でマッサージをするという方法もありますが、マッサージもやりすぎると肌の負担になる場合もあると思うので、クレンジングとマッサージが一度に済むクレンジング材でのマッサージは一石二鳥です。
また、ダブル洗顔不要のタイプを使うとさらに肌の負担を軽くできますね。

このように、クレンジングのタイプを選ぶことによって、スキンケアの時短ができますしその分肌も休ませることができるのではないでしょうか。

アーカイブ