化粧下地のひみつ★

化粧崩れを防ぐには? | 化粧下地のひみつ★

化粧下地のひみつ★
Home » 化粧下地のコツ・ひみつ » 化粧崩れを防ぐには?

化粧崩れを防ぐには?

化粧下地のコツ・ひみつ | 12月20日更新

朝、頑張ってメイクをしても、時間が経つとだんだん崩れてくるメイクに悩んだことはあると思いますが、化粧崩れの原因って何だと思いますか?
原因は、お肌の状態やメイクそのものが上手く出来ていなかったりということが考えられますが、もっと重要なのは化粧下地に原因があるかもということです。
化粧下地は、うまく使うととても良い効果につながりますが、肌のタイプに合っていなかったり使う量を間違えたりすると化粧崩れの大きな原因となりうることがあります。

では、それを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。
メイク前にはまず洗顔をしましょう。
汚れが残っている肌には下地クリームもうまく伸びないと思います。
洗顔で気をつけることは、ゴシゴシ洗わないことです。
刺激を与えると、そこが炎症を起こしたり、お化粧品がしみたりしてして、肌トラブルが起きてしまいます。
赤みがひどくなったり、かゆみが出たりして化粧そのものができなくなったりします。
あくまで優しく丁寧に洗顔しましょう。

洗顔後に保湿ローションなどで肌を整え、ミルクなどで油分を補います。
そして、下地クリームを伸ばす際は、適量を使いましょう。
量が多すぎると、厚塗り感が出て化粧崩れがしやすくなります。
小さなパール一個程を清潔なスポンジなどで顔の中心から丁寧に伸ばし、指の腹で軽く押さえて整えたあと、ティッシュなどで余分な油分を軽く取ります。
この一手間が、ファンデがヨレたりせずにイクを良い状態で長持ちさせることにつながります。
下地クリームをのせたら、少し間を置いて、パウダーやファンデーションなどを重ねてみましょう。
下地クリームの水分の状態をよく見てからがいいと思います。
手で触ってみてベタつきが少しなくなっていたら大丈夫だと思います。
このように少しの手間をかけることで化粧崩れはかなり抑えられると思います。

アーカイブ