化粧下地のひみつ★

化粧下地の上手なぬり方 | 化粧下地のひみつ★

化粧下地のひみつ★
Home » 化粧下地のコツ・ひみつ » 化粧下地の上手なぬり方

化粧下地の上手なぬり方

化粧下地のコツ・ひみつ | 12月20日更新

「なんでいつも化粧崩れをしていまうのだろう?」と悩んでいませんか?
化粧は、ただローションやクリームなどを塗ればいいというものではないですよね。
その塗り方やタイミング、量などの違いで仕上がりにスゴく差が出るものです。

一番気をつけなくてはならないのは、化粧下地の塗り方だと思います。
毎日、同じようにメイクしているのになんで仕上がりにバラつきがあるのかな、と思うことはありませんか?
よく、「今日は化粧のノリがいい」とか「悪い」とかいいますよね。
あれは、肌の状態そのものも関係はしていますが、下地の作り方によるものが原因として大きいのではないかな、と思います。

ローションから始まって、クリーム、下地、ファンデーションというような順番が多いと思いますが、皆さんはメイクにどれくらい時間をかけていますか?
この手順を立て続けに行うと上手くまとまらなかったりすることはありませんか?
出かける前は、とても忙しくてゆっくりメイクする時間がない!と呟く声が聞こえてきそうですが、この時間配分はとても大事だと思います。

なぜなら、化粧下地がうまく肌に馴染むまでは多少のタイムラグがあると思うからです。
化粧下地を塗ってから少し水分をとばすくらいがいいかもしれません。
肌の状態にもよりますが、下地クリームの水分がポイントになるような気がします。
塗ってすぐにファンデーションをのせたらヨレてしまった!なんてことありませんか?
ファンデーションがうまくのるには、タイミングというものが大事だと思います。

季節や、使う化粧下地によってもこのタイミングって違ってくると思いますから、一番いいと思うタイミングを見つけることが大事かな、と思いますよ。

アーカイブ