化粧下地のひみつ★

化粧下地のひみつ★メイクのコツ、スキンケア術まで

化粧下地のひみつ★

メイク崩れを抑える 化粧下地の塗り方 基礎編


化粧下地の役割

top8

化粧下地はメイクには欠かせない物です。
またより肌に近い部分につけるので肌に合う物を選ぶことがポイントです。

また化粧下地の中に日焼け止め効果のあるものや、また肌の色味をきれいに見せたり毛穴を目立たせなくするなどの効果もあります。

ファンデーションをつける前に化粧下地を使うことでよりきれいにファンデーションをのせていくことが出来ます。

またファンデーションがよれたりすることを防いだり、油浮きによるてかり防止の役目もあります。
夏にはUV効果がありさっぱりとした付け心地の化粧下地が人気があります。

初心者のための化粧下地選び

まずは自分の肌質から選ぶと失敗がないでしょう。

乾燥肌・敏感肌・オイリー肌・ノーマル肌など肌質に合った化粧下地選びをしてみましょう。

たとえば乾燥肌の方は少し潤いを与える効果のあるタイプを、オイリー肌の方はテカリ防止効果のあるタイプのものなどを選ぶとよいでしょう。

また敏感肌の方は防腐剤が入っていないものや天然成分からできているものなどお肌に負担をかけないものを選んでいきましょう。

肌の色味から選ぶ化粧下地

色白な方にお勧めなのはピンク系の化粧下地です。
発色が良く顔色をよく見せてくれます。

またパープル系は透明感をアップさせてくれます。

オレンジやベージュ系は日焼けされたこんがり肌の方や、日本人の黄色系の肌にピッタリ合い、
ナチュラルな仕上がりになります。

また赤みを押さえたい方はイエロー系やグリーン系を使うとよいでしょう。

くま、シミ、そばかすにはオレンジ系、パープル系がおすすめです。

化粧下地の注意点

化粧下地は少量でとても伸びが良くつけて頂くことが出来ます。

一番注意していきたいことはつけすぎです。

せっかくファンデーションののりをよくする化粧下地ですので、つけすぎてしまうと逆効果。

化粧うきしてしまったりするので要注意です。

また下地を指に取り少し体温で温めてからすっとぬっていくと良いでしょう。

UV効果がない下地の場合は日焼け止めと混ぜて使うこともできます。

これでUV効果がないものでも安心して外出して頂けます。

またお肌にいちばん近い部分でつけていきますのでお肌に合ったものを選ぶようにしましょう。
購入前にパッチテストなどをしてみるのも良いですね。

合わない下地をつけてしまうと肌を守るどころか肌荒れの原因ともなってしまいますのでしっかりと自分に合ったものを選びましょう。

おススメの化粧下地

THE BODY SHOP モイスチャーホワイトBBセラムインサイド

この下地は少量ですっとのび、またまったくべたべたしないので夏にも心地よく使うことが出来ます。
また汗に強いのでレジャーや運動のシーンでもお使いいただけてUV効果もあります。

Reiko Kazki エクセレントミルキーファンデーション(イエロー)

くすみが気になる方にお勧めです。
イエローの色味でお顔がパッと明るくなります。
また化粧崩れがしにくいところもおすすめです。

化粧下地の口コミ | 10月19日更新

化粧崩れしにくい「資生堂 マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV」


マキアージュ
長年愛用していた製品が、外資系メーカーの日本撤退のため販売終了となり代替品を検討していました。
店頭や通販で購入しておいた買い置きも使い終えたため、国内メーカーの製品に乗り換えです。

資生堂は以前使用していたメーカーであったものの、しばらく見ないうちにエリクシール以外に知らないブランドばかりとなっていたため迷いました。
そのためドラッグストアに行った際、手っ取り早くファンデーションと化粧下地がセットとなっているお試しセット品があれば購入することにしています。
資生堂の「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV」は、そうして購入したうちの一つです

資生堂 マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UVを実際に使った感想

資生堂の「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV」の使用感は、以前使用していた外資系メーカーの化粧下地とほぼ変わりがありません。
薄い乳液感あるローションタイプでのびが良く、べたつきもなくサラッとしています。
付け心地に関しては可もなく不可もなく標準です。

マキアージュの特徴は、お化粧をするときの楽しさより実用感に満ちたところです。
ファンデーションや下地には、キラキラ光に乱反射するような遊びを感じさせる粉は含まれておらず、少し地味な印象です。
しかし軽い付け心地でうす付き感がありながら、割としっかりメークができます。
マキアージュの使用感は、忙しい朝に手際よくパパッと仕上げられる感じの実用的な感じのため、毎日職場に行くための化粧品として向いておりデイリーな感じです。

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UVは、化粧崩れに関して割と優秀です。
高温多湿で通勤時間が長めの日本女性が好むような、皮脂を固めて化粧崩れを防ぐ効果が化粧下地に盛り込まれています。
この皮脂を固めて化粧崩れを防ぐ…というのは、最近の化粧下地のトレンドなのでしょうか。
恐くなるほど化粧崩れしにくいという口コミもあるプリマヴェスタに比べると、マキアージュの化粧持ちはまずまず良く、普通に評判通りの製品です。
長年外資系メーカーを使用していた私にも、マキアージュが思っていたよりずっと化粧崩れしにくいことは良く分かりました。
このことは化粧下地だけでなく、ファンデーションにも感じました。

紫外線防止効果は、SPF25・PA+++と表示されておりなかなか良いはずなのですが、うす付きゆえにあまり効果を感じにくく、室内ですごすにはOK ですが外出が多いとやや不安になります。
しかし外出時、汗をかくような日であっても化粧崩れが意外に少なく、そうした意味では予想以上に優秀と思いました。
これまで古いタイプの製品を使用していた期間が長かったせいかもしれませんが、技術向上が凄いと感心しました。

ボトルパッケージはもう見慣れたデザインですが、キャップがキラキラしており綺麗です。
お試し品はサイズが小さいのですが、その分コンパクトで携帯性があり旅行や出張に持って行きやすそうです。

ファンデーションの標準色が濃い目のカラーのため、1色のベースではなく、もう少し顔色が明るくなるニュアンスカラーベースがあっても良いかと思いました。

化粧下地の口コミ | 10月02日更新

ノンケミカルでコスパも高い「バイソン ベビーピンクBB」


DSC_0814

DSC_0814

お店の売り場のPOPに貼られていた赤ちゃんの写真が印象的でした。
自分が受け取った感じでは赤ちゃんのような肌になるのかなと思いました。
SPFもPAも高くてBBクリームの要素も兼ね備えていますので、これ一本である程度の化粧ベースを作ることが出来るのもありがたいです。
1000円という値段の安さにも惹かれました。
1000円でメイクベースが出来て、さらにパールも配合されているようです。
なくなってもいつもこちらを購入しています。

私が化粧下地を買う時に一番気にする部分はコスパです。
安すぎるのも少し機能が気になりますので、安いだけでなくある程度の金額がするものだとしても、その値段に見合った機能や量を兼ね備えているかという部分を気にして購入しています。

このベビーピンクBBの場合は、安いのに機能はしっかりしています。
量は値段に対して丁度良い量だと思います。
色は日本人になじむ自然な肌色のナチュラルカラーを使用しています。
いつも人差し指の先くらいの大きさを出して塗っていますが、伸びが良いので十分足ります。
スーッと肌に馴染みます。

毛穴や薄いシミ程度なら十分に隠すことも出来ています。
私は結構毛穴が目立っているので、これを塗った瞬間にほとんどの毛穴が隠れてくれるのでとても重宝しています。
1000円でこのカバー力ならとても安いと思います。

少しの量ですごく伸びるので、ほとんど毎日のように使っても2~3か月は持ってくれるので、このあたりが特にコスパが良いなと思っている部分です。
ベビーピンクBBは1本で、乳液、美容液、クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、フェイスパイダーの8役を担ってくれます。
その中で私がベビーピンクBBに頼っている部分は、最初の4つです。
化粧水で肌を整えたら、ベビーピンクBBを塗り、その上から別のファンデーションやパウダーなどを塗っています。
私の肌の場合、ニキビ跡や濃いシミがあるのでこれを一本だけというのはさすがに難しいです。
そのためメインの使用方法は化粧下地といったところです。
ファンデーションを塗る前の肌を整えてくれます

薄化粧をしたいという方はベビーピンクBBとフェイスパウダーだけでも十分かもしれません。
私自身はどちらかというと脂性肌なのですが、油が浮いてくると言うことはあまり感じていません。
夏の暑い日に外にいるとさすがに汗でよれることはありますが、基本的には長時間つけた状態を保ってくれています。
普段は化粧をしてから落とすまでの間、1度だけフェイスパウダーでポンポンと直す程度で十分でした。
私の脂性肌に合うような、マットな使用感だと思います。
またマットといっても付け心地はとても軽いです。

おそらく今まで使ってきた化粧下地の中で一番軽い付け心地だと思います。
どんどん年齢を重ねていく中で、美容液成分が多く入っていると言うことも嬉しく感じます。
やはり化学物質の多い製品は少し気になります。
この点、ノンケミカルなこの商品は毎日使うのにとても安心して使うことが出来ています。

化粧下地のコツ・ひみつ | 09月21日更新

ツヤ肌好きにおすすめ:キャンディードール


6479

おススメポイント

つや感ある肌が好きなのですが、この商品のパッケージにつや感、透けちゃうほど透明感と書いてあったので使用してみようと思い購入しました。
また、化粧下地だけで4,5種類あって自分のなりたい肌に合わせて使用できるのも魅力的でした。
化粧下地だけでなくファンデーションを塗った後の肌にもつや感をプラスする意味で使用できるのも良いなと思い決めました。
値段もお手頃価格なので気に入っても継続できる商品であることも良いなと思い決めました。

仕様レポ

クリームには色がついています。
私は今回ピンクを使用しましたが、緑や紫などもあるそうです。

一度、肌になじませてみましたが、すぐにお肌に吸収されていくといった感じで本当に化粧下地の役割を果たすの?ってくらい吸収されました。
また、クリームがとても軽く柔らかく、お肌に塗った瞬間にすぐに肌になじんでいく感じがすぐに分かりました。
感覚で言うならば、乳液をつけているような感じで化粧下地を付けているといった重さは感じませんでした。
化粧下地を塗った肌を鏡で確認するとすでにつやある肌になっていて透明感ある肌になりました。

その後ファンデーションを塗りましたが、つや感は消えることなく透明感ある肌に仕上がりました。
また、プチプラ商品なのにしっかりと毛穴カバーができていることに驚きました。
キャンディードールの化粧下地はいくつか種類があったのですが、今回使った商品は生肌のような仕上がりになるものでしたが、本当に使用感なく透明感ある肌になったことも嬉しかったです。

個人的には少し多めに下地をつけるとよりつや感が出て好きでした。
あまりつや感を出したくない、さりげなく出したいという方は通常の化粧下地の量で充分だと思います。

そしてこの商品はファンデーションを塗った肌の上からでも、つや感をプラスするといった意味で塗ることができます。
試してみたのですが、確かにファンデーションの上から塗ることでつや感が足され、光に当たるとつやがより濃く見えるようになりました。
Tゾーンや頬のでっぱり部分に使用するとよりつや感ある肌に仕上がります。

ですが、塗りすぎるとファンデーションが取れてしまうのでさりげなく少量使用すると良いと思います。

首やデコルテに塗っても良いそうですが、あまり効果は見られなかったので顔のみ使用するのが良いと思います。

また、ニキビ跡等隠してくれるそうですが、小さいニキビ跡等でしたら確かに目立たなくなったように感じました。
しかし、透明感、素肌感を売りにしているのでシミなど目立つものは隠すことができませんでした。

一日化粧直しをしないで過ごしてみましたが、あまり化粧崩れはありませんでした。
強いて言うならば、小鼻の化粧崩れが少しあったくらいです。
つや感も落ちることなくずっとありました。
もし、つや感が少しなくなったと感じた場合でもファンデーションの上から足せるのは本当に良いと思います。

全体を通してこの価格でこれだけの効果があるのは、つや感ある肌が好きな方にはとてもお勧めできるかなと思います。

化粧下地の口コミ | 09月06日更新

普段使いにおすすめ:オルビス サンスクリーンオンフェイスライト


P_20180906_122508

通年使えて、紫外線対策のできる化粧下地を探していました。
SPF34、PA+++という日常使いにはちょうどよい感じで、お値段も960円(税別)と安いので決めました。
しっとりとするモイストとさっぱりとした使用感のライトがあります。
モイストはクリーム状でライトは水分の多い乳液状です。
両方使用したことがあるのですが、モイストだと私は化粧崩れをおこしてしまいました。
なので通年でライト、乾燥の激しい真冬のみモイストにしています。

日常生活におすすめ

日常使いできる化粧下地です。
モイストとライトがあり、私の使用しているライトはみずみずしい使い心地です。
汗や皮脂に強く、オイリー肌の人でも化粧崩れしにくいと思います。
色はややピンクっぽい肌色で、使用すると顔色が明るくなります。
つけすぎると明るくなりすぎてしまい、首と色の差がすごくなってしまいます。
「白浮き」という状態です。

私は手にとり、おでこ、鼻、あご、両ほほの5ヶ所にちょんちょんとつけてからのばしてなじませて使っています。
少なめにして、足りなければ足すようにしています。
この商品はオルビスではロングセラーで、何度もリニューアルを繰り返しています。

リニューアルのたびに「リニューアルじゃなくて新商品じゃないの?」と思うくらい、色や使用感が変わります
今回のはピンクっぽい肌色ですが、前回はちょっとグレーっぽい肌色でした。
私は首の色が黄色っぽい肌色なので、このピンクっぽい肌色は正直色が合っていません。
この下地の上から使用するファンデーションの色を暗めにしてバランスをとっています。

またリニューアルされて今度は私の肌に合う色味になればラッキーだなと思います。
色が合っていなくても使い続けているのはやはり使用感のおかげです。
本当にみずみずしくて軽いつけ心地です。

カバー力はあまりないのですが、普段は幼稚園の送迎やスーパーに食材を買うくらいしか外出しないので、許容範囲かなと思います。
お化粧をしっかりしたい日はオルビスのホワイトニングBBを使っています。
カバー力があり、肌のアラが隠れます。
しっかりお化粧したという感じの肌に仕上がります。

ただ、BBクリームは私には使用感が重く、肌が疲れた感じがしてしまいます。
なので普段のお化粧には軽い使用感のサンスクリーンオンフェイスの方が好きです。
こちらはSPF34、PA+++という日常使いにはちょうど良い感じですが、紫外線の強い時期には少し不安になります。

そんな時には同じオルビスの新サンスクリーンパウダーを使っています。
こちらはSPF50+、PA++++という最高レベルの紫外線対策ができます。

同じオルビス同士なのでとても相性がよく、真夏でも化粧崩れを気にせずいられます。
このサンスクリーンオンフェイスは私にとって100点満点の化粧下地というわけではなく、正直何度か違うものを使ってみたりもしてしまうのですがやはりこれに戻ってきてしまいます。
これからもなんだかんだずっと使っているような気がします。

化粧下地の口コミ | 08月26日更新

ネットでも話題: プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地


04C25A6C-A7F2-412A-9202-2079A2B3DEB5 (2)

私がプリマヴィスタの化粧下地を使う決め手となったのは、やはりこのカバー力と化粧崩れが少ないという所でした。
今まで沢山の化粧下地を試してきましたが、カバー力が無かったり、外出して数時間が経つと化粧崩れが凄かったりとあまり自分の肌に合ったものに出会えていませんでした。
ネットで化粧下地ランキングや口コミを見て、どのサイトにもプリマヴィスタの名前が挙がっていたので期待を込めてお試し購入してから、その良さを知り1年ほど愛用しています。
(さらに…)

アーカイブ